読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほっとな物語

気になった話題をつらつらと

竹内智香の身長体重!スイスでやりすぎ?代表チーム直訴しドイツ語も

スポンサードリンク

f:id:kichisuke3:20140329182813j:plain

ソチ・オリンピックのスノーボードパラレル大回転で見事銀メダルを獲得した竹内智香選手。一躍時の人となった印象ですが、相当高い志でチャレンジし続けた末の銀メダルだったんですね。その行動力の原点となっているのは何なのでしょう?気になります。

 

 

竹内智香の身長体重は

まずは、身長と体重をチェックしておきましょう。

 

身長:165cm

体重:62kg

 

オリンピックの表彰台で見た時は、そんなに大きな印象は無かったのですが結構恵まれた体格をしていますね。これでも世界に比べたら小さい方なのでしょうか。体重を見る限り、相当筋肉ありそうですね。体脂肪率どのくらいなんだろ?

 

 

スイスでの行動力が凄い!やりすぎ?

スイス代表チームへ直訴

競合チームに身を置くことであらゆることを吸収しようと決意した竹内選手。当時世界最高峰チームのスイスナショナルチームに直訴します。交渉は2月から始めて参加できたのは8月からだったそうです。

何と半年近く交渉していたことになります!

何度も何度も頼み込んだそうです。毎回自分の熱い気持ちを伝えたそうですよ。

当時アジア人は全く評価されていなかったらしく、スイスチームにとっては全くメリットのないことに映ったのでしょう。まさに開拓者です。

 

ドイツ語を短期間で収得

英語では問題なくコミュニケーションをとれていたようですが、オフシーズンの2ヶ月のみ参加が許された状況だったそうです。そのため、スイスチームが話すドイツ語でしっかりコミュニケーションをとって次につなげる必要があります。

『チームにとって必要な存在になること』

これを命題にしてチームのムードメーカーとしての地位を確立します。そうして2ヶ月以降もチームとして残ることに成功します。

 

頭もいいですし、コミュニケーション能力も抜群なんですね。

 

参考元:世界最高峰のスイスチームから得たもの | アスリート ジャーナル | アスリート発信の新たな形のジャーナリズム

 

 

竹内智香の行動力の原点は何だろう?

2005年から更新し続けているブログ

竹内選手のブログを見てみました。凄いです!何と2005年から情報発信し続けています。しかもほとんど毎月休んでません。

アスリートに限ったことではないですが、いい時も悪い時もあるはずです。特にアスリートはスランプの時期は自信もなくすでしょうし、ブログ更新するのは相当大変だと思います。

しかし、竹内選手は続けています。ここから何か読み取ることができないでしょうか?

 

メディアに対するコメント

ブログの継続とメダル獲得後のコメントをつなぎ合わせると1つの解が出てきました。それは、

『スノーボードの日本におけるメジャー化』

メダル獲得後のコメントで印象的だったのは、『これでスノーボードがメジャーになってくれれば』と言っていたことです。ブログで発信しつづけているのも、日本スノーボード界がすこしでも注目を浴びるようにしたい。

こんな気持ちがあったのなら、継続してきた理由にも合点がいきます。

 

本人には確認していませんので、あくまで推測でしかないですが、そんな想いを乗せて挑んできたチャレンジなのではないかと思います。

 

竹内選手、素晴らしいチャレンジャーです。

 

 

関連記事

角野友基のスロープスタイルはソチ五輪新種目も骨折等怪我のリスク高

金メダル報奨金いくら?五輪(オリンピック)競技や日本と海外で違う