読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほっとな物語

気になった話題をつらつらと

天才武豊G1通算100勝を全てまとめたらその凄さがよく分かった

スポンサードリンク

 

先日のマイルCSのトーセンラーで前人未到のG1通算100勝を達成した武豊ジョッキー。ここにその全てを紹介しようとまとめていたら、あらためてその凄さを痛感しました。

 

いやー本当に誰も破れない記録なんじゃないかと。

 

スポンサーリンク

早速見せます!武豊のG1勝利全レース

まずはズラーっと武豊騎手が勝ったG1レースをまとめましたのでごらんあれ。

勝利数 レース名 勝ち馬 年間勝利数
1 1988年 菊花賞 スーパークリーク 1
2 1989年 桜花賞 シャダイカグラ 4
3   天皇賞 (春) イナリワン  
4   宝塚記念 イナリワン  
5   天皇賞 (秋) スーパークリーク  
6 1990年 天皇賞 (春) スーパークリーク 4
7   安田記念 オグリキャップ  
8   スプリンターズステークス バンブーメモリー  
9   有馬記念 オグリキャップ  
10 1991年 天皇賞 (春) メジロマックイーン 1
11 1992年 天皇賞 (春) メジロマックイーン 1
12 1993年 桜花賞 ベガ 4
13   皐月賞 ナリタタイシン  
14   優駿牝馬 ベガ  
15   宝塚記念 メジロマックイーン  
16 1994年 桜花賞 オグリローマン 3
17   ムーラン・ド・ロンシャン賞 スキーパラダイス  
18   阪神3歳牝馬ステークス ヤマニンパラダイス  
19 1995年 安田記念 ハートレイク 2
20   優駿牝馬 ダンスパートナー  
21 1996年 優駿牝馬 エアグルーヴ 2
22   菊花賞 ダンスインザダーク  
23 1997年 NHKマイルカップ シーキングザパール 3
24   宝塚記念 マーベラスサンデー  
25   天皇賞 (秋) エアグルーヴ  
26 1998年 桜花賞 ファレノプシス 4
27   東京優駿 スペシャルウィーク  
28   秋華賞 ファレノプシス  
29   モーリス・ド・ゲスト賞 シーキングザパール  
30 1999年 天皇賞 (春) スペシャルウィーク 6
31   天皇賞 (秋) スペシャルウィーク  
32   東京優駿 アドマイヤベガ  
33   アベイユ・ド・ロンシャン賞 アグネスワールド  
34   マイルチャンピオンシップ南部杯 ニホンピロジュピタ  
35   ジャパンカップ スペシャルウィーク  
36 2000年 皐月賞 エアシャカール 3
37   ジュライカップ アグネスワールド  
38   菊花賞 エアシャカール  
39 2001年 NHKマイルカップ クロフネ 5
40   アベイユ・ド・ロンシャン賞 インペリアルビューティ  
41   エリザベス女王杯 トゥザヴィクトリー  
42   ジャパンカップダート クロフネ  
43   香港ヴァーズ ステイゴールド  
44 2002年 東京優駿 タニノギムレット 7
45   ジャパンダートダービー ゴールドアリュール  
46   スプリンターズステークス ビリーヴ  
47   秋華賞 ファインモーション  
48   エリザベス女王杯 ファインモーション  
49   ダービーグランプリ ゴールドアリュール  
50   東京大賞典 ゴールドアリュール  
51 2003年 フェブラリーステークス ゴールドアリュール 5
52   ジャパンダートダービー ビッグウルフ  
53   エリザベス女王杯 アドマイヤグルーヴ  
54   全日本2歳優駿 アドマイヤホープ  
55   東京大賞典 スターキングマン  
56 2004年 桜花賞 ダンスインザムード 4
57   JBCスプリント マイネルセレクト  
58   エリザベス女王杯 アドマイヤグルーヴ  
59   ジャパンカップダート タイムパラドックス  
60 2005年 川崎記念 タイムパラドックス 11
61   高松宮記念 アドマイヤマックス  
62   皐月賞 ディープインパクト  
63   東京優駿 ディープインパクト  
64   帝王賞 タイムパラドックス  
65   ジャパンダートダービー カネヒキリ  
66   ダービーグランプリ カネヒキリ  
67   秋華賞 エアメサイア  
68   菊花賞 ディープインパクト  
69   JBCクラシック タイムパラドックス  
70   ジャパンカップダート カネヒキリ  
71 2006年 フェブラリーステークス カネヒキリ 6
72   天皇賞 (春) ディープインパクト  
73   NHKマイルカップ ロジック  
74   宝塚記念 ディープインパクト  
75   ジャパンカップ ディープインパクト  
76   有馬記念 ディープインパクト  
77 2007年 高松宮記念 スズカフェニックス 6
78   ドバイデューティーフリー アドマイヤムーン  
79   天皇賞 (秋) メイショウサムソン  
80   JBCクラシック ヴァーミリアン  
81   ジャパンカップダート ヴァーミリアン  
82   東京大賞典 ヴァーミリアン  
83 2008年 フェブラリーステークス ヴァーミリアン 3
84   天皇賞 (秋) ウオッカ  
85   JBCクラシック ヴァーミリアン  
86 2009年 ヴィクトリアマイル ウオッカ 4
87   安田記念 ウオッカ  
88   帝王賞 ヴァーミリアン  
89   JBCクラシック ヴァーミリアン  
90 2010年 川崎記念 ヴァーミリアン 4
91   JBCクラシック スマートファルコン  
92   ジャパンカップ ローズキングダム  
93   東京大賞典 スマートファルコン  
94 2011年 帝王賞 スマートファルコン 3
95   JBCクラシック スマートファルコン  
96   東京大賞典 スマートファルコン  
97 2012年 川崎記念 スマートファルコン 2
98   マイルチャンピオンシップ サダムパテック  
99 2013年 東京優駿 キズナ 2
100   マイルチャンピオンシップ トーセンラー  

参考元:Wikipedia

いやいや、圧巻ですね。毎年毎年よく積み上げてきたもんだ。

あなたが選ぶベストレースはどれですか?(※コメント下さい)

 

 

年別に勝利数をグラフにしてみた

 

ちょっと見える化してみます。G1勝利数を年毎にグラフ化してみましょう。

f:id:kichisuke3:20131127173027j:plain

 

ピークは2005年。ディープインパクトで3冠達成した年ですね。


第72回日本ダービー ディープインパクト - YouTube

 

そこを境に下降線をたどります。

どん底は2011年~2012年。この間は表舞台から全く消えていました。

 

この時期は馬にも恵まれず、落馬事故の影響もあって身体も思うように動かず、かなり本人も苦しんだ時期だと思います。

 

それでもG1の勝ち鞍は増やし続けるところが凄いんです!

 

 

2012年マイルCSを皮切りにキズナとの出会いで完全に復調

グラフを見ると既にピークを過ぎた感がありますが、そんなことはありません。2013年に入り、キズナで1番人気でダービーを制しましたし、凱旋門賞でも4着。


【神実況】2013年 第80回日本ダービー キズナ【青嶋達也】 - YouTube

 

G2やG3などの重賞勝ち鞍も増えています。

これはまたビッグウェーブがきそうな勢いです。サッカーで言うとケチャップどばどば状態になるかもしれません。

 

 

いったい記録はどこまで伸びるのか?

 

もうこれは想像がつきません。

現役引退するのはもう少し先でしょうし、またよい馬とのめぐり合わせも出てきました。身体も動いています。感覚も研ぎ澄まされてきました。

 

武豊が引退するとき、人類が超えることができない大記録が達成するでしょう。

 

 

男気ジャンケン(とんねるず)出場の快挙!

2013年12月26日、武豊ジョッキーは『とんねるずのみなさんのおかげでした』の人気企画『前略、道の駅より』で男気ジャンケン大会に出場します!

 

その男気たるやいかに?

 

って究極の勝負師である武豊ジョッキーですから、押さえるところはしっかり押さえて、勝負する時はガツンと行ってくれることでしょう。

 

競馬界でこういうところに出れるところがやはり武豊たる所以ですね。